ITコーディネータ試験

受験・受講資格
年齢、学歴に制限はないが、ITコーディネータに必要な専門知識を有している者
【ITコーディネータ補試験】【ケース研修】
ITコーディネータになるにはケース研修の受講終了とITコーディネータ補試験の合格後、ITコーディネータ補の認定申請をして資格を得るのが第一歩。その後、実務経験と継続学習を行い、ITコーディネータに執拗なポイントを得た後、ITCへの昇格申請をすることが出来る
検定は、多様な実務経験と継続学習の実績をポイント化して評価するマルチエントリーポイント制度に基づいで実施。ポイントは知識と実務の2種類で、ポイント合格は度により資格の認定や更新(資格の有効期限は一年間)が行われる。

試験・研修内容
【ITコーディネータ補試験】種々の不法に四手習得した専門知識がITコーディネータとして必要な知識レベルに達し、これらの専門知識を実践の場で生かす為の応用力・判断力が身についているかを判断する試験。

【ケース研修】 自己学習によって身に着けた専門知識を実務で使いこなすための実践的アプローチを学ぶ研修プログラム。         モデル企業の事例に基づきプロセスガイドラインに沿って経営戦略策定フェーズから運用サービス・デリバリーフェーズまでのさまざまな局面における各種支援方法を一貫して模範体験する。         ITコーディネータとしての応用力や判断力を身につけ、実践能力を大きく高めることがねらい。

申込期間
【ITコーディネータ補試験】試験日の2ヶ月くらい前
【ケース研修】講義の②~3ヶ月前に募集(コースによって異なる)

試験・研修日程
【ITコーディネータ補試験】5月下旬 11月下旬
【ケース研修】 4~7月の15日間。移行Ⅲ~4ヶ月ごとに、年間3回実施

試験・開講地
東京、名古屋、大阪 ほか(その他の地域はホームページ上に公表 http://www.itc.co.jp/)

受験・受講料
【ITコーディネータ補試験】21,000円 【ケース研修】525,000円(各税込)
ITコーディネータ補・ITCの認定登録料:21,000円(各税込)



IT コーディネータ


copyright © 2006 ITコーディネータ 試験・テキスト All Rights Reseved